さいたま市岩槻区の相続・会社設立は齊藤司法書士事務所へ

会社設立

会社の種類

株式会社

出資をするのは株主、会社を経営するのは取締役というように、出資と経営が分離しており、経営者が儲けた利益を出資者に出資比率に応じて分配するというスタイルになっています。
ただし、中小企業の場合、出資者と社長は同一人物になっていることが大半です。
将来的に会社の規模を大きくしたい、広く株主からの出資を検討したいと考えている方は、株式会社の方が良いでしょう。

 

株式会社のメリット

社会的信用度が高い
株式会社という会社形態は一般に広く浸透しており、高い信用を得られます。
株式の発行による資金調達が可能
株式会社は、株式の発行によって資金調達が可能です。経営に関与しない株主までを広く募ることができます。

 

合同会社

出資者は法人を構成する社員という立場になり、実際に会社を経営していくことになります。株式会社に比べ、運営上の自由度が高く、迅速で柔軟な意思決定が可能です。
また、会社設立の費用をとにかく安く済ませたいという方は、合同会社の方が良いでしょう。
ただし、基本的に少人数による経営が想定されているため、大きな規模での事業は難しく、ある程度規模が大きくなったら株式会社等への移行を行う必要があります。 

 

合同会社のメリット

設立費用が安い
設立登記の登録免許税が6万円で、株式会社の15万円に比べ安く、また、公証役場での定款認証も不要です。
広い定款自治が可能
組織や経営権、利益配分について定款で自由に取り決める事が可能です。
決算広告が不要
決算公告をする義務がありません。株式会社は決算書類を毎年広告しなければなりません。
役員変更登記が不要
株式会社と違って、役員の任期が法定されておらず、定期的に役員変更登記する必要がありません。
株式会社への移行も可能
事業の拡大に伴って、株式会社に移行したいという場合には、株式会社への組織変更が可能です。

 

会社設立までの流れ

①会社内容の決定、必要書類のお預かり、印鑑の作成
会社の種類、会社の名称、事業内容、出資金、役員など、会社設立に必要な事項を全て、決定します。併せて、関係者の方々の必要書類(印鑑証明書等)のお預かりを致します。
その間、ご依頼者様には、会社印鑑のご準備をお願いしております。
※最初のご依頼の際は直接面談をお願いしておりますが、その後は電話、FAX、メール、郵便などでも対応させて頂きます。
②書類の作成
当事務所にて、決定した会社内容に沿って、設立登記に必要な書類を作成致します。
③出資金の払い込み
出資者の方に出資金の払い込みをして頂きます。
④書類への捺印
当事務所にて作成した書類に関係者の方々の印鑑を頂きます。
⑤定款認証(株式会社の場合のみ)
当事務所にて、公証役場での定款認証を行います。
⑥設立登記の申請
当事務所にて、法務局への設立登記の申請を行います。
⑦登記事項証明書、印鑑カード、印鑑証明書の取得
設立登記完了後、当事務所にて、登記事項証明書、印鑑カード、印鑑証明書を取得致します。
⑧関係書類の納品
ご依頼者様に、定款、登記事項証明書、印鑑カード、印鑑証明書等の関係書類一式を納品致します。
この際に、費用をお支払い頂きます。

 

費用について

株式会社の場合

モデルケース(取締役会非設置会社、資本金:200万円、登記事項証明書:1通、印鑑証明書:1通 の場合)

司法書士報酬 61,500円
登録免許税 150,000円
定款認証費用 53,000円
登録事項証明書・印鑑証明書取得 930円
郵送費 1,040円
消費税 6,150円
合計 272,620円

 

合同会社の場合

モデルケース(資本金:100万円、登記事項証明書:1通、印鑑証明書:1通 の場合)

司法書士報酬 51,500円
登録免許税 60,000円
登録事項証明書・印鑑証明書取得 930円
郵送費 1,040円
消費税 5,150円
合計 118,620円

 

トップへ戻る